トップページ水質検査

<ご注意>

最近、当協会の会員でないにもかかわらず、あたかも会員であるかのような記載をホームページに掲載している団体・企業がありますが、当協会とは一切、関係ありませんので、ご注意下さい。なお、当協会の会員については、本ホームページの「会員紹介」ページをご覧下さい。

本ホームページに記載されている文書やグラフなどを無断使用している団体・企業がありますが、使用の際は必ず出典を明示して下さい。あるいは、事前に当協会にお問い合わせ下さい。

【お問い合わせ】
〒111-0051
東京都台東区蔵前4-6-7
MBCビル5F
電話    03(3863)2702
ファックス 03(3863)2877
Eメール  info@suirikyo.or.jp

水質検査

水利協では、指定検査機関にて水質検査を行っています。 検査イラスト

水質検査価格表

※2022年4月現在
項  目 会員
価格
一般
価格
適用法令等
冷却塔(基準8項目):
pH、電気伝導率、塩化物イオン、硫酸イオン、酸消費量、全硬度、カルシウム硬度、イオン状シリカ
9,800 11,000 冷凍空調機器用水質ガイドライン(JRA-GL-02-1994)
冷却塔(基準8項目+参考7項目):
pH、電気伝導率、塩化物イオン、硫酸イオン、酸消費量、全硬度、カルシウム硬度、イオン状シリカ、鉄、銅、硫化物イオ、アンモニウムイオン、残留塩素、遊離炭酸、安定度指数
18,600 19,600 冷凍空調機器用水質ガイドライン(JRA-GL-02-1994)
冷却塔(基準8項目+レジオネラ属菌) 14,400 16,000  
公衆浴場(浴槽水の水質)4項目:
濁度、過マンガン酸カリウム消費量、大腸菌群、レジオネラ属菌
7,600 8,400 厚生労働省「公衆浴場における水質基準等に関する指針」
公衆浴場(上がり用湯水・原水・原湯の水質)
6項目:

色度、濁度、pH、過マンガン酸カリウム消費量、大腸菌、レジオネラ属菌
8,600 9,500 厚生労働省「公衆浴場における水質基準等に関する指針」
遊泳用プール 6項目:
pH、濁度、過マンガン酸カリウム消費量、残留塩素、大腸菌、一般細菌
6,800 7,300 厚生労働省『遊泳用プールの衛生基準』
飲料水(全11項目):省略不可項目
一般細菌、大腸菌、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素、塩化物イオン、有機物(全有機炭素(TOC)の量)、pH、味、臭気、色度、濁度
8,800 9,500 建築物衛生法による検査項目(貯水槽及び井戸水)
井戸水(全16項目)
建築物衛生法による井戸水の検査項目は、基本「水道水(全11項目)」+鉛及びその化合物、亜鉛及びその化合物、鉄及びその化合物、銅及びその化合物、蒸発残留物等となりますが、各自治体(地域)によって必要な検査項目が違う場合が有ります。詳細はお問い合わせください。
15,400 16,200 建築物衛生法による検査項目(飲用井戸水)
レジオネラ属菌検査(菌の有無・菌数)
※培養法
4,600 5,000 公衆浴場における水質基準等に関する指針他
レジオネラ属菌検査(迅速法)※LAMP法 11,000 13,200  
ノロウイルス(簡易法) 4,000 4,200 便検査(イムノクロマト法)
ノロウイルス(PCR) 6,200 6,400 便検査(RT-PCR法)

注:価格の単位は円です。
  価格には消費税を含みます。
  価格には採水ボトル代金を含みます。
  ※特殊なボトルを必要とする検査には別途費用がかかる場合があります。
  価格は全て1検体についての料金です。
  検体の検査場への郵送費はご負担頂きます。
  検体の引き取りを希望する場合、別途費用がかかります。※引き取り可能地域のみ
  価格は予告なく変更する場合があります。

上記以外にも各種検査を取り扱っております。詳しくは協会までお問い合わせ下さい。