トップページ水利協について【沿革&組織図&役員】
沿革

  • 平成7年7月大熊久之を代表として「水利用設備環境衛生協会」を設立する
  • 平成9年8月補償制度を付与した衛生管理システムを確立(レジオネラ症感染補償)
  • 平成14年3月公益法人設立準備室を設置
  • 平成17年4月厚生労働省健康局生活衛生課に公益法人設立の相談を行い、事前協議を開始
  • 平成17年12月団体名称を「全国水利用設備環境衛生協会」に変更
  • 平成19年10月厚生労働省より認可を受け、「社団法人全国水利用設備環境衛生協会」 を設立(10月12日)事務所を台東区蔵前1丁目(6-3 オザワビル3F)に設置
  • 平成23年10月事務所を台東区蔵前1丁目から台東区蔵前4丁目(6-7 MBCビル5F)に移転
  • 平成26年4月内閣府より公益社団法人への移行認定を受け、団体名称を「公益社団法人全国水利用設備環境衛生協会」に変更(4月1日)


組織図

組織図

役員

役職名 氏 名 現 職
会 長 常 勤 大熊 久之  
理 事 非常勤 石川 洋美 芝浦工業大学 名誉理事
叶ホ川洋美建築計画研究室
代表取締役社長
非常勤 岩ア 輝雄 健康予防医学・教育学博士
(北海道大学)
非常勤 大河内 正一 法政大学 生命科学部
環境応用化学科 教授
非常勤 大田 孝二 財団法人土木研究センター
企画・審査部 部長
常 勤 岸本 明 協会事務局長兼務
非常勤 小山 衡 潟Rヤマ 代表取締役
監 事 非常勤 住谷 通人 住谷会計事務所 代表
非常勤 船渡 和男 日本体育大学 体育学部
体育学科 教授