水と衛生の検定(KIDS版)

各問5点×20問=100 点満点 ( 合格点 90 点 )


それぞれの問題(もんだい)の答(こた)えを正(ただ)しいと思(おも)うところにチェックチェックをいれてください。
ごうかくをめざして、がんばってください。


Q 1 お茶(ちゃ)をのむときに、水(みず)を火(ひ)にかけてお湯(ゆ)をつくりますが、ボコボコと音(おと)をたてて沸騰(ふっとう)する温度(おんど)は何度(なんど)でしょうか。
@60度(ど)
A100度(ど)
B130度(ど)
Q 2 冬(ふゆ)の寒(さむ)い日(ひ)に、池(いけ)や川(かわ)の水(みず)が凍(こお)るときの温度(おんど)は何度(なんど)でしょうか。
@10度(ど)
A5度(ど)
B0度(ど)
Q 3 地球(ちきゅう)にある水(みず)のうち、海(うみ)の水(みず)の量(りょう)は、地球(ちきゅう)の全部(ぜんぶ)の水(みず)のうち、どのくらいあるでしょうか。
@半分(はんぶん)くらい
A半分(はんぶん)よりは多(おお)いくらい
Bほとんどに近(ちか)いくらい
Q 4 お風呂(ふろ)にはいるときにつかう水(みず)には、川(かわ)や湖(みずうみ)などのしょっぱくない水(みず)をつかわなければなりません。
それでは、地球(ちきゅう)の全部(ぜんぶ)の水(みず)をお風呂(ふろ)にいっぱいにためた水(みず)だとすると、川(かわ)や湖(みずうみ)などの水(みず)の量(りょう)はどのくらいあるでしょうか。
@うがいをするときにつかうコップに、はいるくらい
A洗面器(せんめんき)で、すくえるくらい
Bお湯(ゆ)をいっぱいにためたお風呂(ふろ)の中(なか)にはいったときに、あふれるくらい
Q 5 人間(にんげん)のからだのほとんどは水(みず)でできていますが、子供(こども)のからだの中(なか)にある水(みず)の量(りょう)は、体重(たいじゅう)のどのくらいでしょうか。
@およそ70パーセント
Aおよそ60パーセント
Bおよそ50パーセント
Q 6 人間(にんげん)のからだの中(なか)にある水(みず)の量(りょう)は、年(とし)をとるとどうなるでしょうか。
@ふえていく
Aへっていく
Bかわらない
Q 7 人間(にんげん)はしらないうちに、息(いき)をはいたり、おしっこをしたり、汗(あせ)をかいたりして、からだの中(なか)にある水(みず)を外(そと)に出(だ)しています。
それでは、人間(にんげん)が1日(にち)に出(だ)す水(みず)の量(りょう)は、200ccの牛乳(ぎゅうにゅう)びん何本分(なんぼんぶん)くらいあるでしょうか。
@およそ2本分(ほんぶん)
Aおよそ6本分(ほんぶん)
Bおよそ10本分(ほんぶん)
Q 8 風邪(かぜ)やインフルエンザの予防(よぼう)には、外(そと)から帰(かえ)ってきたときに、こまめに手洗(てあら)いすることが大事(だいじ)です。
それでは、手洗(てあら)いのポイントについて、正(ただ)しいのはどれでしょうか。
@石(せっ)けんを泡立(あわだ)たせないように、指先(ゆびさき)だけをできるだけ短(みじか)い時間(じかん)でさっと洗(あら)う
A石(せっ)けんを泡立(あわだ)たせて30秒(びょう)以上(いじょう)かけて、指(ゆび)のあいだや爪(つめ)のあいだや手首(てくび)も洗(あら)う
B石(せっ)けんを使(つか)わずに水(みず)だけで1分(ぷん)以上(いじょう)かけて洗(あら)う
Q 9 風邪(かぜ)やインフルエンザの予防(よぼう)には、マスクをつけることも大事(だいじ)です。
それでは、マスクのつけ方(かた)で正(ただ)しいのはどれでしょうか。
@菌(きん)は口(くち)からしか、はいってこないので口(くち)だけ、しっかりおおえばいい
A菌(きん)は鼻(はな)からもはいってくるので、口(くち)だけでなく鼻(はな)もすきまができないようにつける
Bマスクをつけていると息苦(いきぐる)しくなるので、すきまができるようにゆるめにつける
Q 10 インフルエンザなどのウイルスの予防(よぼう)のひとつに湿度(しつど)の調整(ちょうせい)があります。
それでは、湿度(しつど)について正(ただ)しいのはどれでしょうか。
@ウイルスは乾燥(かんそう)していると空中(くうちゅう)にとびやすいので、家(いえ)の中(なか)の湿度(しつど)は高(たか)くしたほうがいい
A家(いえ)の中(なか)で、マスクをしているときは、湿度(しつど)は低(ひく)くしたほうがいい
B家(いえ)の中(なか)の湿度(しつど)を高(たか)くしてさえいれば、インフルエンザにかかることは絶対(ぜったい)にない
Q 11 水虫(みずむし)のもととなる白癬菌(はくせんきん)という菌(きん)は湿度(しつど)が高(たか)い場所(ばしょ)がすきです。
それでは、湿度(しつど)が95パーセント以上(いじょう)、温度(おんど)が32度(ど)以上(いじょう)になる水虫(みずむし)ができやすい場所(ばしょ)はどこでしょうか。
@足(あし)の指(ゆび)のあいだ
Aてのひら
B口(くち)の中(なか)
Q 12 お風呂(ふろ)にはいる前(まえ)に、からだについている汚(よご)れを落(お)とすために、お湯(ゆ)をかけてからだを洗(あら)うことを何(なん)というでしょうか。
@さし湯(ゆ)
Aかけ湯(ゆ)
Bたし湯(ゆ)
Q 13 銭湯(せんとう)や温泉(おんせん)など大勢(おおぜい)の人(ひと)といっしょにはいるお湯(ゆ)につかるときには、いろんなマナーがあります。
それでは、次のうち正(ただ)しいマナーはどれでしょうか。
@お湯(ゆ)の中(なか)でタオルをつかって、からだを洗(あら)う
A他(ほか)の人(ひと)が気(き)づかれないように、お湯(ゆ)の中(なか)でこっそりおしっこをする
B勢(いきお)いよくはいると波(なみ)やしぶきができるので、ゆっくりとはいる
Q 14 家(いえ)のお風呂(ふろ)で、汚(よご)れがついて、菌(きん)がいちばんおおくいると思(おも)われる場所(ばしょ)はどこでしょうか。
@浴槽(よくそう)(ゆぶね)
Aふた
Bお湯(ゆ)が出(で)てくる管(かん)の中(なか)
Q 15 日本(にっぽん)ではじめて公衆(こうしゅう)トイレができたのはどこでしょうか。
@横浜(よこはま)
A浅草(あさくさ)
B日本橋(にほんばし)
Q 16 トイレのウォシュレットが日本(にっぽん)で最初(さいしょ)に売(う)られたのは、いつごろでしょうか。
@1960年代(ねんだい)
A1980年代(ねんだい)
B2000年代(ねんだい)
Q 17 のみかけのペットボトルの水(みず)を保存(ほぞん)する方法(ほうほう)で、正(ただ)しいのはどれでしょうか。
@冷蔵庫(れいぞうこ)にいれて保存(ほぞん)し、できるだけ早(はや)くのみきる
A室内(しつない)ならば菌(きん)がはいることはないので、冷蔵庫(れいぞうこ)にいれなくてもいい
B冷蔵庫(れいぞうこ)にいれて保存(ほぞん)しておけば、いつまでものむことができる
Q 18 日本(にっぽん)ではじめて、のむための水道(すいどう)がつくられたのはどこでしょうか。
@玉川上水(たまがわじょうすい)
A小田原早川上水(おだわらはやかわじょうすい)
B神田上水(かんだじょうすい)
Q 19 台所(だいどころ)で食器(しょっき)を洗(あら)うときにつかうスポンジは、つかい終(お)わったあと、どうするのがいちばん衛生的(えいせいてき)でしょうか。
@洗剤(せんざい)をおとさずにぬれたままにしておく
A洗剤(せんざい)をおとしたあとに水(みず)につけておく
B洗剤(せんざい)をおとしてよくかわかす
Q 20 洗濯機(せんたくき)で洗(あら)ったタオルがくさいときがあります。
それでは、そのにおいのおもな原因(げんいん)はなんでしょうか。
@手(て)をふいたときや汗(あせ)をふいたときの汚(よご)れ
A洗濯機(せんたくき)の中(なか)にいる菌(きん)
B気(き)のせい

■名前(なまえ)、年令(ねんれい)、Eメール・アドレスをいれてから、送(おく)ってください。
 ■名前(なまえ)
 ■年令(ねんれい)  才(さい)
 ■Eメール・アドレス

おつかれさまでした。
それでは、「送信」ボタンをおして回答(かいとう)を送(おく)ってください。