トップページお知らせ【法政大学生命科学部の『環境安全化学』の単位を取得された学生の方への優遇措置】
お知らせ
法政大学生命科学部の『環境安全化学』の単位を取得された学生の方への優遇措置

 法政大学生命科学部の『環境安全化学』の単位を取得された学生の方が、当協会が主催する『水利用設備環境衛生士』の資格講習会の受講する場合は、下記の通り優遇措置を行います。

 (1) 受講費用:通常の受講費9,720円(税込み)を6,480円(税込み)とします。
 (2) 協会が開催する講習会は全部で6時限ありますが、
   そのうちの1時限目〜3時限目(基礎編T〜V)を受講免除とし、
   4時限目(12時40分開始)からの受講が可能となります。
   ※復習を兼ねて1限目から受講して頂いても構いません。

 ●2017年度(平成29年度)の講習会の日程は、ここをクリックして下さい。

 ●『水利用設備環境衛生士』についてのQ&Aは、ここをクリックして下さい。

 ■受講の申し込みは通常の申し込みと同じく、日建学院のホームページから行って下さい。
  この際、必ず申込書の会社名欄に「法政大学」の名称をご記入下さい。

 ■受講申込:日建学院のホームページをご覧下さい

        ○申込方法はこちらをご覧下さい

●『水利用設備環境衛生士』の講習内容●
1時限目:
基礎編T
1.協会の意義目的(衛生士について...)
2.水利用設備の現状(身の回りの微生物と暮らし...)
3.水利用設備の衛生問題(近年の事例...)
4.細菌と感染症(細菌について・感染経路...)
5.感染症法
2時限目:
基礎編U
1.レジオネラ属菌(レジオネラ属菌の特性・種類...)
2.レジオネラ症(発症率・治療方法...)
3.レジオネラ症の感染経路(感染源・予防策...)
4.レジオネラ属菌検査(検査方法...)
3時限目:
基礎編V
1.水利用設備(レジオネラ属菌が検出された施設・設備...)
2.水利用設備の種類と構造(循環式浴槽・冷却塔・水景施設...)
4時限目:
入浴施設の衛生管理
1.入浴施設の衛生基準と法令(循環式浴槽の問題点・対策・水質基準...)
2.入浴施設の衛生基準と法令(清掃・検査・浴槽水の消毒方法...)
5時限目:
冷却塔 他の衛生管理
1.冷却塔(クーリングタワー)の衛生管理と法令
  (衛生上の問題点・維持管理・清掃方法・用語解説...)
2.水景施設(  〃  )
3.遊泳用プール(  〃  )
4.その他の設備機器(加湿器・給湯設備・24時間風呂・受水槽...)
6時限目:
協会基準
1.適合証(協会が発行する証)
2.定期清掃・検査の回数規定(感染危険度の基準と定期清掃・検査の目安)
3.設備機器の衛生管理手順(設備ごとの定期清掃マニュアル...)
 ※入浴施設の清掃・消毒作業のビデオによる講習あり
4.採水(採水手順・採水場所...)
※講習会の終了後(6時限目の終了後)に、「確認テスト(修了試験)」を行います。