トップページお知らせ【水質汚濁防止法の一部を改正する法律が施行されました】
お知らせ
水質汚濁防止法の一部を改正する法律が施行されました

 平成23年6月22日付けで交付された水質汚濁防止法の一部を改正する法律が、平成24年6月1日より施行されました。
 この改正の概要は以下の通りです。

 (1) 有害物質貯蔵指定施設等の設置者について、届出規定の創設(改正法第5条第3項)
    施設の構造、設備、使用の方法等について、事前の届出が新たに義務付けられました。
 (2) 構造等に関する基準遵守義務(改正法第12条の4)
    構造等に関する基準の遵守が義務付けられました。
 (3) 定期点検の義務(改正法第14条第5項)
    定期的にその施設の構造等を点検し、点検結果を記録することや、その記録の保存が義務
    付けられました。(点検記録の保存期間:3年)
 (4) 基準遵守義務違反時の改善命令等の創設(改正法第8条,第13条の3)
    当該施設が構造等の基準を遵守していないときは、必要に応じ,計画の変更(第8条)や
    構造等の改善(第13条の3)を市長が命令することができることとなりました。

<詳しい内容については下記をご覧ください。>
●水質汚濁防止法の改正について
 〜地下水汚染の未然防止のための実効ある取組制度の創設〜
 (平成24年6月1日施行)
 【環境省】



水利用設備環境衛生士講習会について

衛生士の申込方法などが掲載されている日建学院のホームページはココをクリック
  日建学院のホームページ

施設に勤務する方が資格を取得した場合、
 衛生士が在籍する施設として「施設登録証」を発行します。 →詳細はココをクリック
  施設登録証

適切な衛生管理を行っている安全な施設であることをお客様に伝えたい!
 水利協では、そんな施設のご要望をサポートします。お気軽にご相談下さい。
 施設衛生管理適合証について
  施設衛生管理適合証