トップページお知らせ【『自主管理手引書』 作成について】
お知らせ
『自主管理手引書』 作成について

 協会では、循環式浴槽設備を設置する公衆浴場及び旅館業施設の衛生管理を徹底することを目的とした『自主管理手引書』につき、その作成事務をお手伝いさせていただくこととしました。

 手引書は施設の衛生管理責任者が自ら作成することが大事ですが、作成には時間と知識を必要とすることもあり、日常の業務を行いながら作成することは、意志はあってもなかなか出来ない、という施設の声をお聞きし、協会としてお役に立てればと思っております。
 施設が行っている管理について、書面による提示、施設訪問時の面談による聞き取りなどを行い、協会が『自主管理手引書』を作成事務を代行いたします。

※神奈川県では、「公衆浴場の設置場所の配置及び衛生措置等の基準等に関する条例」(昭和48年3月 神奈川県条例第4号)及び「旅館業法施行条例」(昭和32年12月24日 神奈川県条例第64号)により、営業者に自主管理手引書の作成を義務づけています。
 この機会に一度、協会にご相談ください。

【対象施設】 公衆浴場、旅館業施設、スポーツ施設、医療施設、高齢者施設などの循環式浴槽設備を設置する施設
【作業内容】 手引書作成(編集及び作成)※2部
施設設備の現地調査
施設の衛生管理者との面談及び聞き取り調査
作成した手引書の点検及び指導
※横浜市内の施設は横浜市健康福祉局が指導する内容を基本に作成します。
【作成に要する日数】 初回面談より約2週間
※ただし、施設の規模、状態により変わる場合があります。
【費用】 協会事務局までお問い合わせ下さい。

『依頼書』はココをクリックして下さい

『自主管理手引書』作成の流れ



【お問い合わせ】
公益社団法人全国水利用設備環境衛生協会 事務局
TEL:03-3863-2702
FAX:03-3863-2877
Eメール:info@suirikyo.or.jp